キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

正しく選ぼう、キャットフード

キャットフードは本当に便利!
猫にとって理想的な栄養バランスが実現できるというのもメリットです。
しかし、そんなキャットフードにも大きな欠陥があります。
それが【原材料・添加物】などの危険性です。

もちろん、安全な原材料をしっかりと厳選していて合成添加物を使用していないフードも、非常に少ないですが存在します。
そんなフードをしっかりと選び抜くことこそが、愛猫を守ることにつながるのです。

では、ホームセンターやペットショップなどで販売されている従来のキャットフードの場合、どんなトコロが危険なのでしょうか?
その理由を下記で検証してみました!

原材料が危険

スーパーやドラッグストア、ペットショップなどで販売されている有名なフードには、実は非常に粗悪な原材料が使われています。

例えば、肉副産物という原材料が使われているキャットフードは少なくありません。
これはバイプロダクトとも呼ばれていて、具体的には《人間用としては使えない部分の畜肉》を指しています。

例えば、動物の骨を粉砕したものや蹄、被毛など。
これらにも確かにタンパク質は含有されていますが、その質は劣悪。
また、肉副産物はアレルギーの引き金になってしまう素材です。

バイプロダクト以外には、4Dミートと呼ばれる畜肉がタンパク源に使われるというケースが殆ど。
4Dとは、Dead(死骸)Diseased(病気)Dying(死にかけ)Disabled(障害のある)肉のこと。

このランクの肉は人間が食べるには安全性が低すぎると評価されており、安価に製造されるペット用に使われているのです。
しかし、当然のことながら【人間は食べられないけど猫なら安全に食べられる】ということはありませんよね。
猫にとっても非常に危険です。

上記の危険をしっかりと排除しているキャットフードを選びましょう。

まだまだある!危険な原材料

上述した他にも、キャットフードには危険な原材料が沢山使用されています。
その一つとして挙げられるのが、大量に使用される穀類です。

本来、猫には穀類は全く必要ありません。
猫はもともと肉食動物ですから、自然な状態で自ら穀類を食べることはないのです。
当然、消化器官も穀類には対応していません。

しかし、それにも関わらず従来のキャットフードには沢山の穀類が配合されています。
その理由はいたってシンプル!
コスト削減の為の「かさ増し」に使用されているのです。

もちろん、炭水化物源という理由もありますが、それならば他の食材を原材料にすべき。
なぜなら、猫に穀類を大量に与えてしまうと、アレルギーの原因になってしまうからです。
その他にも、嘔吐や毛並みの悪化なども引き起こしてしまいます。

穀類を使用しているキャットフードを避けることも、愛猫の健康を護る為の重要なポイントの一つと言えるでしょう。
穀類を使用していないキャットフードは大変希少ですが、カナガンキャットフードというキャットフードは穀類不使用で非常に高品質なフードです。

合成添加物が危険

一般的なキャットフードには、多くの場合、香りづけや猫の食いつきを良くする為に大量の油が配合されています。
その油はレストランなどで使い古された廃油です。

酸化が極限まで進んだ油が使用されるので、フードの劣化も当然早くなります。
この弱点を補う為に、合成添加物(化学保存料)を使用するのが業界の一般常識。

しかし、ご存知の通り、その合成添加物は非常に危険です。

例えば、頻繁に使われる化学保存料の「BHA・BHT・エトキシキン」は発がん性物質とされており、非常に毒性の強い薬物です。
その毒性の強さから、人間の食品に添加物として使用することは禁止されています。

それにも関わらず、キャットフードに配合されるのは一般的なのです。
もちろん、猫が特別にBHA・BHTなどに対して強いという特徴を持っている訳ではありません。
人間と同様に悪影響を受けます。

愛猫を想うなら、そんな合成添加物が使用されているキャットフードは絶対に与えるべきではありません。
無添加のキャットフードを与えてあげましょう。

表示されていないのに配合されている!?

上述した合成添加物が入っていないことを確認したい場合、猫缶やカリカリのパッケージの裏側に書いてある「原材料表示」をチェックしても意味がありません。
なぜなら、ペットフードは人間の食品と異なり、全ての原材料を表示しなくてはいけない…という義務がないからです。
つまり、原材料表示に書かれていないからと言って安心しては駄目!
表示していなくても配合されている、という可能性は十分に考えられるのです。

では、どうすれば合成添加物を使用していないキャットフードを見つけられるのでしょうか?

その方法はずばり、合成添加物を使用していない「無添加」であることを明記しているフードを選ぶこと。
もしくは、原材料を全て表示しているフードを選ぶこと。

こういった安全なフードをペットショップやホームセンターなどで見つけることは困難です。
安全性の高いフードを作るには非常にコストが掛かるので、やはり多くのメーカーは作ろうとしないのでしょう。

安心して与えられるフードは、やはりカナガンキャットフードです。
この他には、シンプリーキャットフードオリジンキャットフードという無添加・高品質なフードもあります。

こんな選び方がオススメ!

無添加であること、安全性の高い原材料を使っていること。
この二つの条件を満たした、本当に安全と言えるキャットフードを見分ける方法をコラムにまとめました!
ぜひ参考にしてみてください。

ランキングから選ぶ

口コミ・レビューから選ぶ

気になる悩みから選ぶ