キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

気になる悩みから選ぶ

愛猫の気になる悩みアレコレ、その原因は実はスーパーやドラッグストアで販売されている安価なフードにあるかも知れません。
毎日のフードは猫の身体をつくる基本です。
だからこそ、しっかりこだわってあげなくてはいけません。
ここでは、悩み・トラブル解決に役立つ最適なフードをご紹介します。

尿路結石のケア

猫にとって最大の難敵…尿路結石。
実はこれもフードが原因でなってしまうケースが多いのです。

具体的な原因となるのが、小麦などの穀類です。

猫は本来肉食動物ですから、腸が短く出来ています。
その為、穀類を消化するのは非常に苦手。

それにも関わらず、一般的なメーカーでは穀類をメインの原材料に使用しているのです。
その目的は「かさ増し」。
つまり、コスト削減のために穀類が使われているのです。

そういったフードを普段から与えていると、消化器官に負担がかかり、尿路結石が発症しやすくなります。
尿路結石は一度引き起こされると、手術も必要になり頻繁に動物病院に通わなくてはいけなくなる病気。

また、発見や病院に連れていくのが遅くなると、尿毒症になり死に至る非常に恐ろしい病気です。

猫は、本能的に痛みや病気があることを隠す習性があります。
そのため、あれ!?様子がおかしいな?と思った時には既に命に関わる深刻な状態に陥っています。
尿路結石は、猫の様子がおかしくなってから死に至るまでのスピードも速いので、様子がおかしいと思ったらすぐに病院に連れていきましょう。

そして、なによりも大切なのはしっかりと予防することです。
まだ罹っていない子も、過去に罹ったことのある子も、今後ずっと罹る事の無いようにフードから改善していきましょう。

一般に販売されているメーカーのフードでは、ph値を調整して「尿路結石用」としていますが、そういった種類のフードでも穀類を大量使用しているケースが殆どです。
つまり、ph値をコントロールするだけにとどまり、本質的な解決には至らないことが多々あるのです。
尿路結石を予防したいなら、ph値を調整したフードも大切ですが、それ以上に穀類不使用(グレインフリー)にこだわることも大切。
カナガンキャットフードは、グレインフリーなのでお奨めできるのです。

また、水を飲む習慣をしっかりとつけてあげることも大切です。
その詳細は「-下部尿路結石予防-飲み水について考える」で解説しています。

アレルギーをケアする

穀類は、自然な状態の猫が自ら食べる可能性の最も低い食材。
それにも関わらずキャットフードには「かさ増し」の為に頻繁に利用されます。
それに伴うデメリットは実に多岐にわたり、上記した尿路結石のほか、アレルギーの原因になってしまう可能性もあります!

また、穀類以外にも、牛肉や豚肉などは猫にとってアレルギー源になりやすいと言われている素材。
タンパク質は、チキンやラム、魚介(サーモンなど)などから摂るのが理想的です。

肉副産物にも要注意です。
肉副産物とは、動物の骨や蹄など人間用としては使うことができない部分をペット用に再利用したもの。
当然、品質は悪く、アレルギー源にもなりやすい素材です。

しかし、上記した「アレルギー源になりやすい素材」はキャットフード業界では当たり前のように使われています。
つまり、安易なフード選びをしていれば、愛猫が簡単にアレルギーになってしまうということ。
今は大丈夫でも、明日にはフードが原因の体調不良が発症してしまうかもしれません!
また、元気そうに見えても、フードを良い物に変えた途端「吐く回数が減った」「毛艶が良くなった」「肥満が改善された」「アレルギーが治った」などの変化が表れて、
フードのせいで良くない影響があった事に、後から気が付く方も多いのです。

原材料にこだわったフードをしっかり選んであげましょう。

カナガンキャットフードシンプリーキャットフードは、アレルギーに十分配慮されているフードです。
一度、公式サイトで詳細なこだわりを確認してみてください。
(カナガンの公式サイトへ)

嘔吐が不自然に多い

猫は毛玉を吐くという習性がありますが、一日に何度も吐くということは滅多にありません。
しかし、劣悪なフードを与えていると、一日に何度も吐くというケースが少なくないのです。

実は筆者宅で飼っている愛猫もそうでした。
病院などでも処方される療法食である○○○○○ナンというフードを与えていたところ、一日に何度も吐く…
これはおかしいと思い、調べてみたところ、やっぱり原材料に問題がありました。

それが、合成添加物です。
毒性の強い化学保存料が使われていて、それによって胃や消化器官に負担がかかってしまっていたのです。
それで食べても吐いてしまうという不自然な現象が起きていたんですね。

嘔吐回数が多くなる理由は他にも考えられます。
上述した穀類の使用や劣悪な原材料の使用、風味付けの為の大量の油などもトラブルの原因です。
これらの要素をしっかり排除したキャットフードを選んで与えてあげることで、多くの場合、トラブルは解消されます。
我が家でもフードを無添加のものにしただけで、不自然な嘔吐はなくなりました。

お奨めなのは、やはりグレインフリーのカナガンキャットフードです。

肥満・太り気味

肥満もやはりフードに原因があると考えられます。
無添加のナチュラルフードに切り替えてあげることで、順調に体重・体型をケアできることが殆どです。

ただし、ナチュラルフードは原材料がしっかり選定されているので、栄養価がぎっしり凝縮されています。
つまり、余計なものが入っていないのです。

その為、しっかりと給餌量を管理してあげないと、逆に太る原因になってしまいます。
給餌量は飼い主さんが簡単に管理できるポイント!
しっかりと適切な給餌量を見極めてあげましょう。
それさえできれば、ダイエットは成功するはずです。