キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードを選ぶときに気を付けたい5つのこと

飼い猫を長生きさせたい飼い主にとって大切なのが、キャットフードの選び方です。
このページで説明する、最低限気をつけておきたい5つのポイントを参考に、飼い猫に合ったキャットフードを選んであげましょう。

1.キャットフードの原材料に気をつける

キャットフードは、ドライキャットフードとウェットキャットフードの2種類に分けることができますが、どちらも原材料を見て選ぶことが大切です。
原材料に以下のような表記がある場合は、家畜の死骸や人間が食べられない肉を粉砕して作られているものですので、キャットフードを選ぶ際にも注意が必要です。
・○○ミール
・○○パウダー
・○○粉
・副産物
これらの表記があるキャットフードは、薬物によって殺処分された家畜、羽、爪なども一緒に粉砕されており、飼い猫の健康に良いものではありません。

また、キャットフードの原材料欄は、多いものから順番に記載されています。
原材料欄の最初の方に穀物(コーンや米など)が書かれている商品をよく見かけますが、猫は元々肉食動物として生きてきたので、穀物を消化するのが苦手な特徴を持っていまです。
よって、キャットフードを選ぶときには、始めに書かれている原材料がチキンや魚になっているものを選ぶようにしておきましょう。


2.キャットフードの種類に気をつける

キャットフードは、総合栄養食、一般食、栄養補完食、食事療法食などの種類が裏面に記載されています。

猫が必要とする栄養素がすべて含まれている総合栄養食以外の種類のキャットフードは、毎日それだけを与えていると栄養不足になるため、選ぶ際には確認しておくことが大切です。
また、キャットフードは、カリカリのドライキャットフードと缶詰やパウチに入ったウェットキャットフードの2種類に大きく分けることができます。
水分を日常的にしっかりと摂っている猫であれば、開封後も傷みにくいドライキャットフードで良いのですが、水をあまり飲まない猫には、食事と同時に水分補給ができるウェットキャットフードを選んであげた方が良いでしょう。


3.年齢に合ったキャットフードを選ぶ

キャットフードは、「子猫用」「成猫用」「老猫用」などの対象年齢の記載があるものが大半です。
これらは、キャットフードに含まれているカロリーや栄養バランスに違いがあるので、年齢に合ったキャットフードを選ぶように気をつけておきましょう。
子猫用のキャットフードは、成長の手助けをする目的で脂肪分が多く含まれている高カロリーの製品が多いのですが、成猫や老猫が食べると肥満の原因になりかねません。
キャットフードの中には、全年齢対応のものもあるので、特にこだわらない場合はこちらを選んでおくと無難です。


4.添加物が含まれていないキャットフードを選ぶ

国内では、様々なキャットフードに以下のような化学添加物が含まれています。

・保存料
・着色料
・香料
・酸化防腐剤(エトキシキン、BHA、BHT)
・PH調整剤

これらの添加物は、キャットフードを腐りにくくしたり、食いつきを良くしたりすることを目的に使用されているので、猫の健康のためには無添加のキャットフードを選ぶことをおすすめします。


5.キャットフードの賞味期限・内容量に気をつける

キャットフードは、賞味期限の記載が義務付けられていますが、短いものから長いものまでさまざまです。
無添加のキャットフードは、基本的に賞味期限が短いものが多く、その反対に保存料や防腐剤などの化学添加物が多く使用されているものは賞味期限が長いのが特徴です。
無添加のキャットフードは保存料が使われていない分、賞味期限にかかわらず飼い主が徹底した管理を行わないとあっという間に酸化し、添加物を多量に使用しているフードよりも猫の健康に悪影響を与えるフードに変化しかねません。
もちろん無添加のフードの方が猫のためになるのは当たり前ですが、きちんと保存できるか、管理できるかなどの都合との兼ね合いを考えましょう。

どちらを選ぶにせよ、キャットフードは、賞味期限が来る前に劣化が始まることを頭に置き、約1ヶ月以内に食べ切れる内容量の製品を選ぶようにしておきましょう。