キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

7歳こえたらやさしいキャットフードとはどのような物ですか?

昔に比べてペットとして飼っている猫の寿命が年々伸びてきています。
それはキャットフードの開発がとても進んでいるということを指します。
なぜなら昔はねこまんまといい、人間と同じような食事を与えていました。
そのため、猫の寿命は野生の猫と同じぐらいの5年か、もしくはそれよりすこし長生きするくらいでした。

それが今では、猫の平均寿命が10年以上が当たりまで、長生きする猫は15年以上生活を共にできます。
そんな猫は人間よりも早く年をとっていきます。

7歳を過ぎると、人間の年齢で44歳といわれ、シニア世代へとはいっていきます。
運動の消費量はおち、動きもどうしても鈍くなってしまいます。
そのため、寝ていることが多くなってきてしまう年頃でもあります。

そんな猫にとって、今までどおりのキャットフードを与えてしまうと確実に栄養の摂取量がオーバーしてしまいます。
そのため、肥満体へとなってしまい、病気などを発症してしまうケースがとても多くなります。
例えば、腎不全や尿に関する病気にかかりやすくなってしまいます。

いままで毎日生活を共にしてきた猫が、急に元気がなくなったり病気になってしまってはとても悲しく感じてしまいます。
そうならないためにも、猫の食生活をしっかりサポートしてあげなくてはいけません。

7歳からシニアの仲間入りとなるため、キャットフードもシニア用に変えていきましょう。
シニア用は同じ量でも、低カロリーで低たんぱくに作られています。
シニアといっても老猫とは違い、また元気なシニア猫になります。
なので栄養バランスも取れたものを選ばなくてはいけません。

歯がまだ丈夫なうちは、ドライフードでもかまいません。
しかし歯が抜け落ちてきやすくなるため、噛みにくくなってきた場合は、セサモタイプやウェットタイプのキャットフードの割合をふやしていきましょう。

7歳になると病気などを起こしやすい時期にもなってきます。
特に下部尿路の病気になりやすい場合が多いです。
なのでマグネシウムが少ないものを選ぶと未然に病気を防ぐこともできます。

そのほかにも食物繊維が含まれていることで、消化も良くなり体への負担も少なくて済みます。
またグルコサミンや脂肪酸、カルシウムなどを含むことで、骨や関節が健康でいられるような栄養素が含まれているものもあります。
そして消化と吸収が優れているチキンなどを使用しているキャットフードも多いです。