キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

年齢で変えるキャットフードとはどのような物ですか?

今ペットを飼っている家庭は、3家族中1家族はいるといわれています。
それだけペットは私たちの生活と近い存在になっています。
さらに、ペットはすでに家族の一員としてとても大事に育てられています。
中には、ペットがなくなってしまったときに、ペットシック症候群にかかってしまう人もいるほどです。

そんなペットは、小さいころから年を追うごとにだんだん変化していきます。
体の動きや体質なども変わり、それに合わせて飼い主も猫にとっていい環境を整えてあげなくてはいけません。

そのひとつとして重要なのが、キャットフードです。
キャットフードも今では、多くの種類が発売されています。
そのため何をどのような基準で選んだらいいのかと悩んでしまう人もいるでしょう。

そんな人のために、まず基本的な選び方として、年齢に合わせたキャットフードを選ぶことがとても重要です。
キャットフードには、年齢に応じて含まれている栄養素がことなります。
成長とともに必要な栄養素を考えて作られているため、年齢によってキャットフードを変えていかなければいけません。

キャットフードは、http://xn--nck1bpe3d4d0i.tv/にもかいてありますが子猫用、成猫用、シニア用と分かれています。
子猫の時には、成長が一番著しいため、十分な栄養素を与えなくてはいけません。
また子猫の場合、まだかみきる力や飲みこむ力が十分ではありません。
なので、あまり大きいキャットフードを与えてしまうと、しっかり噛み切ることができずのどに詰まらせてしまう場合があります。
子猫用の場合は少し小さめに作られ、噛みくだきやすいように少し柔らかめに作られているものが多いです。

成猫用のドライフードは、子猫用に比べて大きさも大きく乾燥したキャットフードが多いです。
一番動きも活発で、エネルギーの消費量も多いです。
なので、一回の食事で十分な栄養素を与えてあげなくてはいけません。
そのためには、良質なたんぱく質やミネラル、ビタミンなどがバランスよく含まれていることが重要です。
そして毛並みや肌つやなどが良くなるキャットフードもあり、美容などにもこだわったキャットフードがあります。

最後にシニア用のキャットフードは、低カロリーに作られているものが多いです。
一日の消費カロリーも減ってきて、動きもどうしてもゆっくりになってきます。
なので、今までどおりカロリーを摂取していると肥満体になってしまいます。
新陳代謝をあげることは今からでは難しいため、消化しきれるカロリーに抑えられたキャットフードを使用する場合が多いです。