キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと

キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいことは、キャットフードの種類を知るということです。
キャットフードには、総合栄養食、一般食、おやつ、療法食などがあります。
ドライフードは、ほとんどが総合栄養食となっていますが、ウェットフードは、一般食やおやつもたくさんありますので、選び方を間違えると、栄養失調になってしまいます。
価格面や保存のしやすさからドライフードを選ぶ方が多いので、結果として総合栄養食を選ばれていますので、あまり問題は起こってはいませんが、総合栄養食を選ぶことが基本です。総合栄養食は、猫に必要な栄養素をバランスよく配合していますので、適量のフードと新鮮な水を与えておけば、猫の健康が維持できるようになっています。

ウェットフードの場合は、種類が豊富で、一般食やおやつも多いので、誤って選ぶこともあります。とくに一般食は、普通のフードと思われがちですが、人の食事に例えれば、おかずなのです。これを主食として与え続けると、必要な栄養分が摂れず、栄養が偏り、栄養失調になってしまいます。多くの病気の原因ともなりますので、必ずラベルをチェックしましょう。

おやつは、人のおやつや間食と同じで、メインの食事以外に与えるものです。スナックやご褒美として与える以外は、適切な栄養量を維持するための補助的な役割を果たすこともありますが、与える量や回数を制限し、1日の必要エネルギー量の20%以内に抑えなければなりません。一般職以上に栄養バランスを偏ったものにする可能性があります。フードのタイプもドライやウェット、ソフトドライ、セミモイストなど多くの種類がありますので、間違えやすいものです。

療法食は、病気の治療のために食事療法として与えるものです。スーパーや薬局などでも購入できますが、基本的に、獣医師の診断を受け、その指示や指導の下に利用するものです。それぞれの疾病の治療を補助するものですから、独断で使用することは好ましくありません。
特定の目的に使用するために栄養素やカロリーを調整したものがありますので、適切でないものを選ぶと、飼い猫の健康を損なうことにもなります。キャットフードの購入時には、必ず確認して、適切なフードを購入しましょう。