キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフード選びに大切な内容量と正しい給餌量とは?

キャットフードは、賞味期限や原材料を見て選ぶことも大切ですが、飼い猫のためには内容量もしっかりと確認しておくことが重要です。

そんなキャットフードの内容量について、このページで詳しく解説します。

1.キャットフードの内容量とは

そもそもキャットフードの内容量は、その名の通り、袋や缶詰に入っているフードの重や量のことを指しています。
この内容量は、g(グラム)やkg(キログラム)で記載されていることがほとんどですが、商品によってはml(ミリリットル)やL(リットル)で記載されている場合もあります。
キャットフードは、種類に関係なく、時間が経つとニオイや味が薄くなっていきますが、その変化から飼い猫がキャットフードを突然食べなくなるなんてことも少なくありません。
よって、新鮮なキャットフードを飼い猫に与えてあげるためにも、風味が落ちる前に食べきれる量がどのくらいなのかを確認しておくことが大切です。


2.ドライキャットフードとウェットキャットフード別の内容量

キャットフードは、カリカリのドライキャットフードと缶詰やパック状のウェットキャットフードの2種類に大きく分けられます。

・ドライキャットフードの内容量
ドライキャットフードは、大体1kg~5kgが内容量の製品が主流で、海外製だと7kg~9kgという大きいものも販売されています。
また、全体の内容量は多くても、小分けになっている製品もありますので、事前にチェックしておきましょう。

・ウェットキャットフードの内容量
缶詰に入っているウェットキャットフードは、大体40g~150gの内容量の製品が主流ですが、パウチタイプの内容量は40g~80gが大半です。
両者の内容量を比較すると、ドライキャットフードの方が多くて値段も安いということが分かります。
しかし、猫が一食で必要なキャットフードの量は、60g~100g程度なので、大容量のものは新鮮さを保つためにも、あまりおすすめできません。

特に猫は、動物の中でも気まぐれで飽き性なため、ずっと同じキャットフードを与えていると突然食べなくなってしまうこともあるのです。
これらのことを考慮して、小分けになっているものか内容量が少なめのキャットフードを選び、違うキャットフードに切り替えやすくしておくことをおすすめします。


3.内容量とカロリーを考えてキャットフードは与えよう

猫にが1日に必要なカロリーは、体重1kgに対して70~80kcalとなっています。
しかし、飼い猫が既に痩せ過ぎや太り過ぎの場合は、飼い主が上記のカロリーを目安にキャットフードの量を考慮しなければなりません。
そこを含めた上で目安となるキャットフードの量は、5kgの成猫で350kcal~400kcalの100g程度といわれています。

また、製品によっては、与える目安の量が記載されていることもありますので、そちらを確認して計算すると良いでしょう。
そして、キャットフードを与えるタイミングは、飼い猫の食べ方によって以下のように変えるのもおすすめです。

・一気にガツガツ食べるタイプ→低カロリーのキャットフードを1日に2回に分けて与える

・ちょっとずつ食べるタイプ、少食タイプ→通常カロリーのキャットフードを1日に3回~5回に分けて与える


4.まとめ

猫によって、キャットフードの食べる速度は違いますが、内容量が多いキャットフードは、時間が経つにつれて新鮮さが失われてしまいます。

よって、最低でも1ヶ月で食べ切れる内容量のキャットフードを選び、飼い猫が健康を維持できる食事量を守って与えてあげましょう。