キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

仔猫はいつからキャットフードが食べれるようになるが一般的ですか?

私たちが猫を飼うとなったときに、まず訪れることが多いのはペットショップではないでしょうか。
ペットショップでは、多くの種類の猫を見ることができます。
そして自分の好きな種類の猫を選んで購入することができます。
まだ生れて間もない猫もいますが、ペットショップで販売されている猫は子猫の状態のものが多いです。
猫はうまれてから、子猫、成猫、シニア猫と成長していきます。

人間に比べて成長もはやいため、どの時期にどのようなキャットフードを与えたらいいのかと悩んでしまう人も多いでしょう。
生れて間もない時期はまだ 自分で排せつすらできません。
2週間ぐらいたつと、目が見えるようになります。
それまでの間は親猫の母乳や子猫用のミルクなどを与え育てます。

そして3週間たつと歯が生え始めます。
人間で言えばすでに生後半年ほどになり、離乳食を始めていきます。
1か月が過ぎると人間で1歳を迎えることになります。
このぐらいに時期から乳離れを始めます。

そして2ヶ月になると、人間でいえば3歳にあたります。
この時期になって初めて、子猫用のキャットフードを与えられるようになります。
それまではキャットフードなどをあげることができないため、なるべく母親のもので育ててあげるのがいいとされています。
母親の母乳かもしくは、人工的な子猫用のミルクをしっかり与えてあげることが大事です。

その後3カ月たつと、人間でいる5歳の年齢に当たります。
このころが、子猫を里親に出す時期として適している時期に達しているといえます。
なので ペットショップで販売されている猫も最低でも生後3ヶ月経っているものが多いです。
生れたての子猫は、一匹ではできないことがたくさんあり、免疫力などもまだ十分ではありません。
なので母親のもとで過ごす大事な時期だといえます。

生れてから1年ほどたつと、もう成猫の時期に当たります。なのでキャットフードも子猫用から成猫用にしっかり切り替えましょう。
子猫用は少ない量でとても多くの栄養素が摂取できるように作られています。
なので成猫の時期には過剰に栄養を摂取してしまうことになります。

キャットフードはその時期に合わせた栄養を考えられて作られています。
なのでしっかり守った上で、猫に必要な栄養素を与えてあげましょう。