キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードの選び方

キャットフードには、ドライフードとウェットフードの2種類があります。また、それぞれに、総合栄養食、一般食、間食(おやつ)などがあります。

主食として選ぶのは、猫に必要な栄養素をバランスよく配合した総合栄養食です。新鮮な水と一緒に与えるだけで、猫の健康を維持することができます。
一般的には価格面や保存も容易なドライフードを選ばれています。

ウェットフードは、ドライフードより高く経済的な負担が大きく、水分量が多いために保存は難しく、冷蔵庫に保存したとしても、その日の内に食べてしまわないと風味も落ち、傷んでしまいます。
ドライフードを補完するように使うと水分補給にもなり、猫に多い結石や泌尿器関連の病気の予防にもなります。

一般食は、形は総合栄養食と同じですが、おかずのようなもので、食事にトッピングしたり混ぜたりして使います。栄養的には偏りがありますから、メインの食事として使うと、健康を損なうこともあります。

間食は人間のおやつと一緒ですから、ご褒美や猫とのコミュニケーションツールとして使います。

パッケージや缶などに総合栄養食、一般食、間食などと記載されていますので、間違いの内容に選びましょう。
総合栄養食にも年齢に応じたキャットフードがあります。
1歳未満の子猫には子猫用の高栄養高カロリーのフードを与えますが、1歳以上の猫のフードにはいろいろな種類があります。
成猫用や7歳以上の高齢猫用の年齢別のフード、すべての年齢の猫に与えることができるオールステージ用などです。
年齢別のフードは、結石や泌尿器関連の病気予防のために、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル分をバランスを取りながら年齢ごとに微妙に調整されています。
オールステージ用は年齢のバラバラの多頭飼いの場合にも適したフードです。一つのフードで、全年齢に対応できますので、給餌量だけを調整するだけです。
通常、高齢になれば、運動量も少なくなり、身体の機能も落ちてきますので、食欲も自然と低下します。ですから、高齢猫の給餌量を調整するというよりも、猫の食欲に合わせることになります。歯が弱ってきた場合にも、お湯でふやかして与えることができます。
成猫以上は、家庭の状況に応じて、いずれかのキャットフードを選ぶといいでしょう。