キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

便秘な猫のキャットフードとはどのような物ですか?

猫でも人間でも同じ生物なので抱えている問題も似てくる場合があります。
そのひとつに便秘があげられます。
猫の場合、毎日排泄がある場合がほとんどです。
しかし急に便秘になるのではなく、便秘になったときには徐々に症状としての変化が出てきます。

まず最初に感じることは、便の量がいつもよりも少なくなることです。
同じ量を食べているにもかかわらず、排泄量が少なくなるということはその分お腹に残ってたまっているということになります。

またそれ以外にも排泄している時の猫の様子にも変化がでてきます。
わかりやすいもので、トイレの場所で、いつもより長い時間座って力んでいるのが分かるようになります。
またお腹に力を入れたときに口から嘔吐してしまう場合もあります。

猫の場合人間に比べて、排便がたまると体に数具に異変として出てきますので、しっかいり観察しましょう。
そうでなければ浣腸をしたり、薬を飲んだり、直接肛門に指を入れてうんちを掻きだすといった場合もあります。
人間に置き換えても、受けたくないと感じる処置法ですし、猫も病院嫌いになってしまう場合もあります。
そそうならないためにも、早い段階で食事による便秘解消をしてあげることが大事です。

猫は食事の変化に敏感で、キャット―度を変えたりするとうまく食べてくれない場合があります。
なのでなるべく今食べているキャットフードに、無理なく混ぜてあげられるものを選びましょう。

それではどのようなものを選ぶと便秘解消につながるのでしょうか。
ポイントとなるのは、食物繊維です。
食物繊維を多く含んだキャットフードを選ぶことで、便秘解消につながります。
そして同時に水分も多めにとれるように心がけてあげましょう。

ウェットタイプのキャットフードを食べている猫の場合、ドライフードなどを食べてくれない場合があります。
ふやかして食べさせてみたり、ウェットフードの中に混ぜてみたりすることで早い段階で受け付けてもらえるようにしましょう。

それでもなかなか食べない場合は、さつまいもをペーストしたものをキャットフードに混ぜて食べさせるなどといった方法をとるのも一つの方法です。
重症化する前に、早く便秘解消をしてあげることで 、猫が快適な生活をしてあげられるようにしましょう。