キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードの価格が違う理由

キャットフードは、数百円のものから数千円のものまで、価格帯がさまざまです。ここまで値段が違うのか理由は飼い主にとって気になるポイントでしょう。このページではその疑問について徹底解説していきます。

高いキャットフードと安いキャットフードの違いとは?

それではさっそく、キャットフードの価格が違う理由について順を追って説明します。

▼主原料の違い
キャットフードは、どの商品も原材料の記載が義務付けられていますが、そこを見れば値段の違いも一目瞭然です。
キャットフードに記載されている原材料名は、含有量の多い順番に書かれており、一番始めに記載されているものが主原料となっています。
安いキャットフードは、主原料がトウモロコシや小麦などの穀物が使用されていますが、高いキャットフードはチキンや魚などが使われているのが特徴です。
穀物は、チキンや魚などよりも安く仕入れられるために安いフードの主原料になることが多いですが、元々肉食である猫にとって、消化機能に大きく負担をかけてしまう可能性があります。

また、安いドライフードは、栄養価を高めるために粉末状のサプリを混合して調節しつつ、穀物はかさ増しのために使用してコストを下げることでられている安価を保っているというわけなのです。


▼化学添加物か無添加の違い
猫に限らず、化学添加物は人間にとっても健康に良くありませんが、安いキャットフードは以下の理由で含まれていることがあります。

・保存料→賞味期限を長くするため
・香料→いい香りで猫の食欲をそそるため
・着色料→美味しそうな見た目を演出するため
・防腐剤→腐りにくくして保存期間or販売期間を長くするため

高いキャットフードと比べて、安いキャットフードの方が賞味期限も長い傾向にありますが、これは人工的な保存料で腐りにくくしているからなのです。
また、香料は匂いが魚や肉に比べて薄い穀物によって、猫の食欲が低下しないようにするために使用されています。
「飼い猫が安いキャットフードを高いキャットフードよりも美味しそうに食べる」という飼い主さんも多いですが、これは含まれている添加物で猫の食欲を上手く誘っていたからかもしれません。

一方で、値段が高い無添加のキャットフードは、香りは化学香料と比べて劣るものの、飼い猫の健康を第一に考えられて作られているので安心です。


キャットフードは飼い猫にどう影響するのか

高いキャットフードと安いキャットフードの明確な違いは、添加物の有無にありますが、それがどのように猫に影響するのか分からないという方もいるかと思いますので、これから詳しく解説します。

・口臭や体臭がきつくなる
人工の着色料や香料などの添加物が含まれているキャットフードは、毎日口にすると活性酵素が過剰に増加してしまうため、飼い猫の口臭や体臭.の原因になりえます。
また、ウェットキャットフードは、ドライキャットフードに比べて特に歯垢 が付きやすいので、歯周病や口内炎による口臭悪化の可能性が高まります。

・下痢をする
安いキャットフードは、肉食の猫が好まない穀物が主原料になっていることが多く、消化器官へ負担をかけてしまいます。
よって、安いキャットフードは、高いキャットフードよりも便が柔らかくなったり、下痢になったりすることがあるので注意が必要です。

・アレルギー症状が出る
穀物は猫の消化器官に負担をかけてしまうため、下痢になってしまうだけでなく、アレルギー症状を引き起こす可能性もあります。
安いキャットフードの主原料がトウモロコシ、米、小麦などの穀物の場合は、アレルギーによる嘔吐、発疹、脱毛症状に注意しておきましょう。


まとめ

キャットフードは、猫の健康管理には最も重要な役割を担っています。
安いキャットフードは、飼い主からするとコストが下がり、良いかもしれませんが、猫の健康や寿命を考えれば、あまりおすすめできません。
もちろん、高いからといって100%猫に良い食事ができるというわけではありませんが、飼い猫のためを想うのならば前述の違いを参考に良いキャットフード選びを行いましょう。