キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードの危険性とはどのような物ですか?

今では3人に1人はペットを飼っているという時代になりました。
ペットは今では家族同然で、とても大事に育てられています。
ペットの多くは犬か猫が多く、家族にとってはいやされる存在であるとも言えます。

ペットの中でも特に猫は室内で飼われていることが多いため、猫の栄養はすべてキャットフードによって与えられています。
なので飼い主の選ぶチャットフードによって猫の寿命や健康状態が左右されるといってもおかしくありません。

キャットフードはどれも猫が食べるものをしては大丈夫だと思って購入している人もおいでしょう。
しかし、キャットフードには安価なものから、とても高価なものまで種類が多くそろえられています。
なぜそこまでの違いがあるのでしょうか。

それはやはり原材料の違いにあります。
無添加のキャットフードであったり、オーガニック食材を使用している場合が多いです。
このようなキャットフードの需要が今とても高まってきています。

2009年にペットフード安全法が制定され、ペットが口にするもので死に至るような危険なものを入れないようにと決められました。
原材料や製造業者が明記されるようになりました。
なので飼い主が、何がキャットフードに含まれているのか確認しながら購入することができるようになりました。

それ以前のキャットフードでは、危険な薬物が使用されたキャットフードなどが出回り、大量に猫がなくなるなどといった状態がおきました。
そんなことからペットフードに使用されるものを限ったり、減産量を明記することで、飼い主にも責任を持って選択できるようになりました。

このような法律が制定されたからといってすべてが安全になったわけではありません。
一番危険なものは、添加物が含まれたキャットフードです。

添加物には保存料や着色料、香料などが含まれます。
その中でも保存料は、一番使用されれている場合が多いです。
やはりキャットフードの賞味期限を延ばすことで、より販売期間を長く設定できることができるからです。

保存料の中には、BHA、BHT、エトキシキンといった発がん性のあるものが多く使用されています。
長期間摂取することで、老後に病気になる場合が多いです。