キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

下痢用キャットフード

1.下痢とは

下痢は、犬猫が動物病院を訪れる理由として最も多い症状のひとつです。
室内飼育の猫か、外と自由に出入りできる猫かでも下痢の発生頻度は違います。また、下痢といっても単純なものから重症なものまで様々なものがみられます。便の形状でも硬めの便、軟便からまるで水のような水様便まで多岐にわたります。
下痢は、「過剰の水分を含んだ糞便を排泄すること」と定義されています。
通常、糞便中の水分含有量は60~70%といわれていますが、この含有量が増えるにつれて、軟便、泥状便、最後に90%以上になると水様便になります。
腸管内の水分の動きは、その約80%が新たに消化管から分泌され、約90%が小腸で再吸収され、さらに大腸でも吸収され、糞便となって体外へ排出されます。この流れに異変が生じると下痢が起こります。
下痢がみられたら、全身の状態をよく観察し、あまりに状態が悪かったり、長く下痢が続くようだったら動物病院へ連れていって獣医師の診察を受けてください。とくに子猫の場合は状態が急変することもあるので、軽視しないようにしましょう 。


2.腸の働きと下痢

腸の機能は、消化・吸収・排泄です。小腸内では、膵液、胆汁、腸液が分泌され、タンパク質や炭水化物、脂質の分解・吸収が行われます。大腸では、腸腺がよく発達し、重炭酸塩を含んだ粘液が分泌され、酸の中和、粘膜保護、便通潤滑剤の役割を果たします。
これらの機能が障害を受けると消化吸収不良を起こし、下痢に至ります。
下痢の発生機序には、
・浸透圧性下痢
・透過亢進による下痢
・分泌性下痢
・腸の運動異常による下痢
があります。
下痢を改善するためには、それぞれの機序に基づいた対応が必要です。
また下痢は、小腸由来か大腸由来か、また急性か慢性かによって対処法も変わってきます。
食事の日頃の与え方(急激な食事の変更や過食)によっても下痢を起こすことがあります。
猫は元々肉食動物です。腸の構造も基本的には肉食動物用になっていて、腸の長さは短く、
動物性蛋白源の食事に適しています。植物性の食事は腸の負担が大きく、機能が障害されて下痢を起こす原因にもなります。 


3.食事管理

(1)小腸疾患

1)急性腸炎
治療のための流れ
①最低24時間絶食・絶水、
②その後、少量の水を数時間毎給与
③問題なければ、消化の良い食物を少量頻回給与
④一日2~3回、3~4日かけて増量し
⑤1週間かけて元の食事

2)リンパ管拡張症とタンパク喪失性腸症
高消化性、5%未満の低繊維で、脂肪量(乾物量ベースで35%以上)の制限食を少量数回に分けて給与、徐々に増量させ、状況に応じて中鎖脂肪酸を食物に添加する

3)炎症性腸疾患
①消化性が良く、適度な脂肪を含む中程度のエネルギー密度の食物(乾物量で3.5~4kcal)の給与
②食物中の繊維含有量を10~15%(乾物量ベース)に増やす
③食物アレルギー発症の対策として、低アレルギー食や除去食の給与
④オリゴ糖の添加、オメガω-3系脂肪酸の補給
等の試みを行ないます。

(2)大腸疾患

1)急性大腸炎
治療のための流れ
①下痢や嘔吐によって大量に失われた水分と電解質の補給
②消化性の高い食物あるいは繊維質を強化した食物(高繊維食)を少量ずつ、一日6回以上給与
③食物アレルギーが原因の場合、その対策として、低アレルギー食や除去食の給与
④3~4日かけて一回の食事量を増やしながら、徐々に給与回数を減らす
⑤さらに2~3日かけて元に戻す

2)慢性大腸炎
①消化性が良く、食物中の繊維含有量10~15%(乾物量ベース)の給与
②食物アレルギー発症の対策として、低アレルギー食や除去食の給与
③オリゴ糖の添加、オメガω-3系脂肪酸の補給等


(3)予防的食事管理
適度な発酵性の食物繊維(可溶性繊維)を含有するフードは、腸管のエネルギーとなる短鎖脂肪酸を供給し、腸を健康にします。
セルロースに代表される不溶性繊維は、未消化の残渣や腸内細菌とともに水を吸収し、糞便量を増します。糞便は、腸管内に物理的な刺激を与え、腸管運動及び腸管内通過時間を正常化させる働きがあります。
これらを考慮するとともに、動物性タンパク質を用いた消化率の高い栄養のバランスがとれたキャットフードを選べば、は腸を健康に保ち、下痢の予防、・管理に役立ちます。

日本獣医師会「療法食の適正使用のための食事療法ガイダンス」の中の消化器疾患の療法食についての項では、『症状や原因にあわせて、消化不良には高消化性の原材料を使用した療法食を、下痢・嘔吐には高食物繊維食を、食物アレルギーには食物アレルギー用の療法食を、それぞれ選択し利用します。』と述べられています。