キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

犬がキャットフードを食べても安全上心配はないの?

今多くの家庭で猫や犬を飼っている人が増えています。
3人に1人はペットを飼っている時代へと変わってきています。
ペットとして選ばれる動物知恵場、やはり犬や猫が一番多いです。
種類も多く、人懐っこいもの選ばれる要因でもあります。

中には犬と猫も一緒に飼っている家庭も多くいます。
そんな家庭で起きやすい問題として、犬がキャットフードを食べてしまうということです。
それもあとてもおいしく食べているため、いいのかなと思う人も多いようです。

さらには、犬しか飼っていない家庭でもあえてキャットフードを与えているという人もいます。
ドックフードではなかなか食べないからといった声も聞きます。

しかしそのままキャットフードを与え続けていても、健康や安全上問題はないのでしょうか。
もしも問題がないというのであれば、わざわざペットフードを犬用、猫用と分けてメーカーが作る必要がありません。
分けられているということは、やはり本来それぞれの動物に適した栄養素が違うため作られていると言えます。

犬も猫の成長段階によって必要な栄養素が異なります。
なので犬には必ずドックフードを与える方にしましょう。

ドックフードに比べてキャットフードを好んで食べてしまう理由としてはいくつかあげられます。
それは、キャットフードのほうが、塩分が多いため味付けが濃かったり、カロリーも高く設定されて作られています。
なので犬でもキャットフードのほうがおいしく感じられるようです。

しかしおいしいからといってそのまま与え続けると、栄養をとりすぎてしまい肥満体になりやすいです。
また塩分を過剰に摂取してしまうため、内臓への負担も重く、腎臓病や肝臓病などにもなりやすいです。
そして血圧が高くなるといった症状も見られます。

その時はよくても、長い目で見たときに病気につながったり、寿命が短くなったりする恐れがあります。
キャットフードにドックフードを混ぜて徐々にドックフードに切り替えてあげると食べるようになります。
わんちゃん用のごはんの正しい選び方はこちらを参考にしてください。