キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

ドライキャットフードと飲用水の重要性とは?

ドライキャットフードには、約10%以下しか水分量が含まれていないことはご存知でしょうか。
水分の少ないドライキャットフードを猫に与える場合、猫が水分を摂取するための飲用水がとても重要です。


1.ドライキャットフードと一緒に飲用水を摂取

ドライキャットフードは、栄養のバランスが整っており、価格も安いので、猫の餌として主流となっています。
しかし、水分量が少ないため、ドライキャットフードを与えるときには一緒に水分を摂取することができるように飲用水を用意する必要があります。
猫の1日の水分摂取目安量は、体重1キロあたり約40~50mlと考えられています。
1日の水分摂取量は、季節や成長によって変わってきますので、飲用水は飼い猫がいつでも摂取することができるようにしておきましょう。

また、置き水をしている場合は、こまめに水を変えないと雑菌が繁殖することもありますので注意が必要です。


2.猫の飲用水は水道水がおすすめ?

ドライキャットフードを与えているご家庭では、水道水を飲用水として利用している方が多いかと思います。
しかし中には、水道水よりもミネラルウォーターの方が猫の健康にも良いと利用している方も多いのが特徴です。
しかし、ミネラルウォーターに含まれるカルシウムやマグネシウムは、猫のミネラルバランスが乱れる原因になってしまいます。
そのため、猫の飲用水には水道水を利用するのが最適です。
特に国内の水道水は、塩素で消毒されているため、置き水をしても雑菌が繁殖しにくいのが特徴です。安全性が高いので、猫の飲用水にも安心して使用することができます。


3.猫が飲用水を飲まないときの対策

普段あまり飲用水を摂取しない猫もドライキャットフードを食べた後は、水分が欲しくなりますので、ドライキャットフードと飲用水をセットにしておくことが重要です。
また、猫は動物の中でも綺麗好きな生き物なため、飲用水を入れるお皿が汚れていると飲まないこともあります。
飲用水を猫が思ったように飲まない場合は、水を入れ替えていないことが原因になっている可能性があるため、少なくても朝と夜には、ドライキャットフード出すタイミングなどで飲用水も入れ替えてあげると良いでしょう。
また、好きな場所で猫に水分を摂らせるために、水皿の数を増やすのもおすすめです。

・ミネラルウォーターには要注意
ミネラルウォーターは、含まれるミネラルの量によって軟水と硬水に分けられています。
のミネラルを多く含む硬水を猫に与え続けているとマグネシウムやカルシウムの過剰摂取による尿路膀胱結石の原因になります。
既に結石ができている猫に硬水を与えてしまうと、療法食などで改善を目指していても病状を悪化させてしまいかねませんので注意しておきましょう。
また、猫の健康を考えるのであれば、水素水を飲用水として摂取させることで、猫の腎不全の予防に繋がります。

・水道水の臭いが気になる場合
ドライキャットフードと飲用水は一緒に出す必要がありますが、水道水を使用すると塩素やカルキ臭が気になることがあります。
そんなときは、1度水道水を沸騰させて冷ましたものを与えるか、猫用のミネラルウォーターを飲用水に使用すると良いでしょう。