キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

飼い猫に合わせたキャットフード

キャットフードは、飼い猫の健康を維持する大切なものですから。飼い猫に合った、飼い猫が喜んで食べるものを選ぶことが大切です。
成長期の子猫や成長が一段落した成猫、活動量が落ちてきた高齢猫、歯も弱り身体機能が低下した老猫では、必要とするエネルギー量や必要な栄養バランスが異なります。
それぞれのライフステージに合った最適なフードを選ぶことが必要です。
子猫用の高カロリー食を成猫になってからでも与えていれば肥満になり、成猫用のフードを子猫に与えていれば栄養不足になり、病気を引き起こすことになります。年齢に応じた栄養バランスの取れたキャットフードを選ぶことで、飼い猫の健康を維持することができます。
猫種による選択も必要です。短毛種と長毛種では、必要な成分にも多少の違いがあります。
一般の総合栄養食は、すべての猫種に合うといいますが、長毛種であれば、毛が長いだけに被毛の健康に優れた成分を多く含んだものを与える方が、より美しい毛並みを維持することができます。

また、猫の健康状態に応じたキャットフードを選ぶことも大切です。太り気味の猫であれば、低カロリーのフードを与えたり、結石のできやすい体質であれば、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル分の含有量が低めのフードを選ぶことも必要です。水分量が多く低カロリーのウェットフードを併せて利用すると、結石などの予防にもなり、食事や健康管理がしやすくなります。一種類のフードだけでは、急に食べなくなった時に困りますので、いろいろなフードを与えることで、偏食を予防することもできます。

最も大切なことは、飼い猫が好むキャットフードを選ぶということです。飼い主が猫のために選んだとしても、食べてくれないのでは、健康を維持することもできません。市販されているフードは種類も豊富で、同じ目的のフードでも複数あります。その中で、飼い猫がおいしく食べてくれるものを選ぶことです。おいしく、しっかり食べてこそ健康を維持できるのですから。