キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

無添加のキャットフードとはどのような物ですか?

今キャットフードの種類もとても豊富になりました。
2009年にはペットフード安全法が定められたことで、原材料の表記が義務付けられました。
そのため、飼い主が自分で原材料を把握しながら、責任を持って選ぶといことがとても大事になります。

そこでどのようなものが猫にとって安心で、安全なものなのかということです。
そしてどのようなものがおいしく食べてくれるのか、ということもとても気になるところであります。

ペットを飼っている人ほとんどの人が、家族の一員として大事に育てています。
そして1日でも長生きしてほしいと願っています。
猫の場合、室内で飼っている人が多く、猫が口にするものは飼い主から与えられてたものしかないという場合が多いです。
なのでキャットフードが、猫の成長や健康に大きくかかわっているということが分かります。

そこで多くの人に支持されているのが、無添加のキャットフードです。
無添加のキャットフードというのは、添加物が一切使用されていないものを指します。

添加物とはどのような目的で使用されるかというと、保存料、着色料、香料などが多く使用されます。
保存料に関しては、キャットフードが長期間保存できるために使用されます。
保存料の中には、エトキシキンやBHAなどの化学薬品を使用している場合があります。
これらは本来工業薬品として使用されていて、安価に手に入ります。
キャットフードの酸防止のために使用すると、かなりの長期間キャットフードの保存ができるといわれています。

しかしこれらの保存料には発がん性があることが分かり、有毒な添加物だとわかっています。
なので絶対に避けなくてはいけません。

そのほかにも香料は、猫がキャットフードの食い付きが良くなるように、好きなにおいをあえてつけるように添加物を使用しています。
香料として使われている成分には、発がん性のあるものや喘息、突然変異などの症状を起こしてしまう場合があります。

最後に着色料に関しては単なるキャットフードの見栄えを良くするためだけに使用されます。
主に赤色2号や赤色40号、青色1号などといった色と数字で記されているものが多いです。
これらは石油を原料として作られた着色料になります。
実際どの種類の着色料を使用されているかで被害が異なりますが、アレルギーや発がん性のものが多く含まれています。

そのほかの添加物もありますが、猫にとってよくないもを与えたくないという飼い主がほとんどです。
なので無添加で安全なものを選んであげるようにしましょう。


↑こちらには人気のある大手メーカーのドッグフードが紹介されています。
ドッグフードに含まれる成分にこだわって作られている商品ばかりなので是非ご覧ください。