キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

毛球ケア用キャットフードはどんな猫におすすめ?効果や注意点は?

キャットフードの種類のひとつに毛球ケア用というものがあります。これは飲み込んだ毛を体内にたまりにくくするためのフードですが、全ての猫に必要なわけではありません。
猫は個々によって体質や抜け毛の量が異なります。そのため、その猫に合った適切なフードを与えることが大切です。
そこで、毛球ケア用キャットフードとは具体的にどのような効果をもたらすのか、また、どんな猫におすすめなのか理解しておきましょう。


1.毛球ケア用キャットフードとは?

毛球ケア用キャットフードとは、毛づくろいをした際に飲み込んだ抜け毛を排泄しやすいように作られたフードです。通常のキャットフードよりも、消化を促す働きをする食物繊維の含有量が多いため、排泄機能の働きをより一層高める効果があります。
基本的には、猫は毛を飲み込んだとしても、糞といっしょに排泄するのですが、飲み込んだ毛の量が多い場合などは、胃腸にたまってしまうことがあります。そして、体内にたまった毛は消化されないので、食欲不振や便秘などのトラブルを引き起こすことも少なくありません。

さらに、排泄によって体外へ出せない場合は、吐き出そうとしたりします。猫が吐くことはごく自然な行為なので、そこは問題ありません。しかしその回数があまりにも多く、毎日のように続く場合は、吐く行為自体が猫の体に負担をかけてしまうので、なるべく軽減させる必要があります。
そのような時に毛球ケア用キャットフードを与えることで、体内にたまった毛が糞に混じって排泄されやすくなり、吐き出す回数を抑えることができます。


2.毛球ケア用キャットフードはどんな猫におすすめ?

健康な猫であれば、毎日毛づくろいをします。そのため毛球ケア用のフードにしたほうが、体内に毛がたまりにくくて安心と思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
というのも、通常のキャットフードでも消化・排泄がスムーズにできるような栄養バランスになっているため、それで十分なこともあるからです。では、毛球ケア用のフードは、どんな猫に向いているのでしょうか。

(1)長毛種の猫
毛球ケア用のフードは、長毛種の猫におすすめと言えるでしょう。というのも、長毛種の猫は抜け毛が多いため、毛づくろいをしているときに飲み込んでしまう毛の量が、多くなりがちだからです。もちろん通常のキャットフードであっても、糞といっしょに滞りなく排泄できれば問題ありません。

しかし毛づくろいは頻繁に行われることなので、その分、排泄機能もしっかり働いていないと、とくに長毛種の猫は、胃腸に毛がどんどんたまってしまう可能性があります。そのため毛球ケア用のフードを与えたほうが排泄が促され、健康を損なう恐れが軽減されるでしょう。

(2)短毛種でも抜け毛が多い猫
短毛種の猫は抜け毛の量が少なく、毛を飲み込んだとしても通常のキャットフードを適切に食べていれば、ほとんど糞といっしょに排泄される、もしくは年に数回吐く程度です。しかし短毛種であっても、アビシニアンやアメリカンショートヘアなどの品種は抜け毛が多く、毛球を吐き出すことも少なくありません。
そのため長毛種と同様、毛球ケア用のフードを与えたほうが胃腸に毛がたまりにくく、吐く回数も少なくて済むでしょう。


3.毛球ケア用キャットフードを与えるときの注意点

よかれと思って毛球ケア用のフードを与えたつもりが、かえって体調不良を起こすこともあります。そのため、以下のことを、気をつけたほうがよいでしょう。

(1)獣医師に相談する
もし消化機能が弱い体質だったりした場合は、一度獣医師に相談してから決めることをおすすめします。というのも、食物繊維を多く含む毛球ケア用のフードでは、繊維質が腸に詰まり、健康を損ねる可能性があるからです。そのため、獣医師のアドバイスに従ってキャットフードの種類を決めたほうが安心と言えるでしょう。

(2)頻繁にブラッシングをする
頻繁にブラッシングをしてあげれば、毛づくろいのときに飲み込む抜け毛の量を少なくできます。飲み込んだ毛が少なければ、糞と共に排泄されやすいため、毛球ケア用キャットフードを与える必要がなくなるかもしれません。

先述した通り、通常のキャットフードでも、飲み込んだ毛が排泄できるように考慮されています。したがって、まずはなるべく猫が毛を飲み込まないような対策をして、それでも毛が溜まるようであれば、毛球ケア用のフードを与えてみるのがよいでしょう。


4.まとめ

頻繁に毛球を吐く猫などには、毛球ケア用のフードは役に立つでしょう。しかし、とくに毛球のトラブルがないようであれば、通常のフードで問題ありません。また、体内に毛がたまっていないか確認する目安として、日頃から便の回数や状態をよくチェックしておくことをおすすめします。そして、もし毛球ケア用のフードに切り替えたことで、体調に異変があるようなときは、獣医師に診てもらったほうがよいでしょう。