キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

手作りキャットフードでオススメなレシピとはどのような物ですか?

今の時代3人に1人は、ペットを飼っているといわれています。
なかでも犬か猫を飼っている人が、多くを占めます。

ペットの需要が増えたことで、より進化を遂げたのがキャットフードです。
キャットフードが使用される前は、猫は人間のご飯と同様、もしくは残りものなどに少し手が加えられたものを食べさせられていました。
ところがキャットフードの開発により、食事ではまかなえきれない栄養素がたくさん含まれるようになりました。
なのでよりバランスよく必要な栄養素を与えることができるため、寿命が延びるようになりました。

しかしその反面安価なキャットフードも増え、原材料に不安を感じる人も増えました。
2009年にはペットフード安全法が定められたため、原材料や製造元の明記が義務付けられました。
なので飼い主が原材料を把握して購入することができるようになりました。

それでも心配という人にとって一番安心して与えられるのが、手作りのキャットフードです。
ドライフードにように簡単ではありませんが、手間暇かかっている分安全なものを大事な猫に与えることができます。
なので安心して飼い主も与えることができます。

いざ手作りであげようと思っても、どのようなものを与えたらいいのかと悩んでしまう人もいるでしょう。
そこでまず簡単にできる手作りキャットフードを覚えていきましょう。

主に肉、野菜、穀物を使用します。
肉に関して、手軽に入手できる鳥の胸肉などがお薦めです。
細切りにしてお湯をかけることで火を通しておくようにしましょう。
生のままよりも少し火を入れることで、ある程度の菌を殺菌する効果もあります。

野菜は数種類軟らかくして煮て、食べやすい大きさにしてあげましょう。
余裕があれば、裏ごしなどを使ってペースト状にした方が食べやすいと感じる猫が多いようです。
またネギや玉ねぎ、ピーマン、なすなどといった物を食べさせると危険なものは決してあげないように気をつけましょう。

また穀物に関しては、一番身近で簡単なものとしてはご飯を使用してみましょう。
ご飯を火にかけお湯でふやかして食べやすいようにしてあげましょう。

どれも食べるまで手間がかかるなとおもう人もいます。
しかし一番安全なキャットフードとして飼い主が猫に与えている人も増えてきています。

こちらには愛犬にあげるドッグフードの手作りレシピが紹介されています。
こちらも是非参考にしてください。