キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

高齢猫ちゃんのおすすめキャットフードとはどのような物ですか?

猫の寿命は、昔は4年から5年ぐらいといわれていました。
しかし今では猫の寿命が10年から15年近くといわれています。
長生きする猫で歯16年以上生きている猫もいます。

たとえば今でも野良猫の寿命は平均5年ぐらいに対して、ペットの寿命は10年以上と倍近い寿命となっています。
これだけの違いが手でるということは、確実にキャットフードの影響だといえます。

キャットフードの進化によって、猫の寿命がとても伸び、猫も長生きできるようになりました。
しかし猫の場合人間の何倍も速く老化を迎えます。

猫が7歳を迎えると人間のとしで44歳ぐらいになり、シニア世代の仲間入りとなります。
なのでこの時期からキャットフードも成猫用からシニア用へと切り替えなくてはいけません。

高齢になるとどうしても新陳代謝が衰えてしまいます。
動きも遅くなったり、筋力も衰えてしまうことで、消費エネルギーも減ってきてしまいます。
なのでいままでどおり成猫用のキャットフードでは、高カロリー摂取になってしまい肥満体になってしまいます。

シニア用では、低カロリーで消化にいいものが多く含まれています。
量は今までと同じ分でも栄養素が大きく異なります。

特に高齢になると、尿路に関する病気になる猫が多いです。
それはキャットフードに含まれるマグネシウムが多すぎると起きやすいといわれています。
なので、シニア用のキャットフードにはマグネシウムの量を抑えられて作られています。

また体内にある毛玉などを排出しやすいように、食物繊維がたくさん含まれているものが多いです。
そのほかにも老化によって失いやすい、ビタミン類やミネラル成分を含んでいるものも多いです。
食べやすいように小さめに作られたものなどもあり、様々な工夫がされています。

特に肥満や様々な病気になりにくいように、予防のためのキャットフードも増えてきています。
高齢になると症状などに応じてキャットフードをしっかり見極めて選んであげるといいでしょう。