キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

酸化したキャットフードを与えた時に出る影響

酸化したキャットフードを与えると、においをかいだだけでどこかへ行ってしまうことが多いです。
猫はにおいで食べ物を判断しますので、酸化したフードは変質していますので、食べるものではないと判断します。
もし、猫が酸化したキャットフードを食べたとしたら、まず嘔吐や下痢の症状が出ます。そして、アレルギーなどの症状や様々な病気を引き起こす可能性があります。
猫に必要な栄養素をバランスよく配合されたキャットフードも、酸化すると栄養素は変質してしまい、猫の健康を害するものになってしまいます。
とくに、脂肪は空気に触れると変質は速く、酸化して過酸化脂肪酸になります。過酸化脂肪酸は、細胞内で活性酸素などの酸化を促進する物質を作り、さらに過酸化脂肪酸を生み出すことになります。
血管内に溜まったコレステロールを酸化すると、白血球の一種のマクロファージが異物を掃除しようとする作用が、過酸化脂肪酸の増殖に追い付かず、血管内が肥厚し、動脈硬化を促進することになります。酸化したキャットフードを食べると、老化が早くなるというのは、このためです。皮膚や被毛にもダメージは現れます。

また、中性脂肪が酸化してできた過酸化脂肪酸は、細胞内で酸化を促進し、さらに過酸化脂肪酸を増殖します。増殖した過酸化脂肪酸は、細胞核内のDNAを損傷させる物質を生成します。これが、がんを発生させる原因のひとつとなります。
酸化したキャットフードは、においでわかりますので、猫が食べる可能性は低いものです。
しかし、猫の食器を洗わずに使ったり、残ったフードがもったいないからと新たなフードと混ぜて与えたりすると、酸化したフードを食べることになってしまいます。
愛猫の健康のためには、食べ残したウェットフードは直ぐに捨てる、その日に食べ残したドライフードは捨てる、食器は毎食後洗うということが大切です。とくに、梅雨などの湿度の高い時期はフードの傷みも早くなりますので気をつけましょう。