キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

猫にウェットフードを与えるとドライフードを食べなくなる?理由と対処法

猫は食べ物の好みがはっきりしている生き物です。そのため、ちょっとしたことがきっかけで、いつも食べていたドライフードを食べなくなるようなことがあります。その原因にはいくつかの要因が考えられますが、ウェットフードを与えたことなどが関係しているかもしれません。では、なぜウェットフードを与えるとドライフードを食べなくなってしまう場合があるのか、その理由と食べなくなったときの対処法をお伝えします。


1.ドライフードを食べなくなる理由

猫は食べ物の味ではなく、においで自分の好みかどうかを判断しています。そのため嗜好性が高く風味が強いウェットフードは、多くの猫が好んで食べる傾向にあります。したがってこれを習慣的に食べていたりすると、ドライフードの風味では物足りなく感じ、食べなくなってしまうことも少なくありません。また、ウェットフードは水分が多く、柔らかくて食べやすい点も猫が好む理由のひとつです。

しかしウェットフードを食べていても、ドライフードをきちんと食べる猫もいます。この違いは幼猫期の食習慣が関係している可能性があるでしょう。というのも、食べ物の好みは幼猫期の影響が大きく、その時期に食べていたものを成猫になっても好む傾向があるからです。したがって、幼猫のときにウェットフードをあまり食べないで育った場合は、成猫になってから与えても、ドライフードを食べなくなるといった心配は少ないでしょう。


2.ドライフードを食べなくなったときの対処法

ドライフードを食べなくなったとしても、お腹が空いたら食べるだろうと思うかもしれません。しかし人間と違い猫の場合は自分が気に入ったものでなければ、かたくなに食べないということも珍しくありません。とはといってもそのまま放っておけば健康を損ねてしまうため、何かしらの対策が必要です。そこで、フードを食べるようにするために、以下のことを試してみることをおすすめします。

(1)トッピングをして変化をつける
ドライフードに、まぐろやいわしなどが原料の猫用のふりかけや、茹でて細かく裂いた鶏のささみを少量トッピングして与えてみるのもよいでしょう。風味が加わることで食べるようになることもあります。その後、安定して食べるようになってきたらトッピングの量を減らす、または何も加えないで食べさせるようにしましょう。

(2)ドライフードをふやかす
ドライフードを食べない原因は風味ではなく、食感が気に入らないのかもしれません。そのためぬるま湯でふやかして、柔らかくしてから与えてみることをおすすめします。また、こうすることで水分が取れるメリットもあります。それでも食べない場合は、電子レンジで人肌程度に温めてみるのもひとつの方法です。猫は冷たいものよりも暖かいものを好むので、食べるようになるかもしれません。

(3)別の種類のドライフードに切り替える
ドライフードにはチキンやターキーなど肉類が主原料のものや、サーモンなどの魚をメインにしたものなどがあります。種類が非常に豊富なので、別の種類のもの商品に切り替えてみるのもよいでしょう。風味が変化したことで食べるようになる可能性は十分にあります。

(4)どうしても食べないときは総合栄養食のウェットフード
あの手この手を使っても、ドライフードを食べないようなこともあるかもしれません。猫は一日程度であれば何も食べなくても大丈夫なものの、栄養が取れない状態が続くのはやはり心配です。そのためどうしても食べないようであれば、ひとまず総合栄養食のウェットフードを与えるのがよいでしょう。総合栄養食は主食として作られているので、必要な栄養がバランスよく取れます。しかしそのまま続けていくには、ドライフードよりコストがかかるほか、歯に歯垢や歯石がたまりやすくなることが懸念されます。まずは一度獣医師に相談することをおすすめします。


3.まとめ

ウェットフードを与えたことでドライフードを食べなくなったら、栄養が偏って心配かもしれません。しかし一時的に食べないだけの場合もあるので、ドライフードを食べやすくなるように工夫して、様子をみるのがよいでしょう。しかし24時間以上なにも食べないようなときは、健康を損ねる恐れがあるので、獣医師の診察を受けるようにしてください。