キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードはねこまんまとは呼ばないのはどうして?

昔から猫のご飯といえば猫マンマといわれていました。
猫はネズミ退治の役目など、ペットとして飼われていたというわけではありませんでした。
とくに昔は猫の餌にお金をかけたり、健康などに配慮したものを与えら得れませんでした。
なので、人間のご飯の残りものに鰹節をかけて与えたりしていました。

魚など派人間が食べるのも貴重だったため、猫には魚などのタンパク質は与えることができないでいました。
なので、せめてもの気持ちとして鰹節をかけてあげていました。

しかし猫は肉食動物のため、本当に必要な栄養素は、良質なたんぱく質です。
いわゆる猫マンマは、お米などのご飯の割合の方が多いといえます。
なのでたんぱく質より、炭水化物のほうが多いといえます。
炭水化物が多すぎると猫の体では消化しきれず、必要な栄養素も確保できません。

そのため、昔の猫は外で飼われていて、猫がネズミなどを捕まえてくることが多かったです。
それはネズミは肉食動物にとっての猫には必要な栄養素だからです。
なので野生の猫のように狩りを行います。

このように今使用されているキャットフードは、総合栄養食として、猫に必要な栄養素が十分含まれています。
主に肉などが多く含まれ、良質なたんぱく質が多く摂取できるようになっています。
なので、キャットフードとねこまんまとは、栄養素や含まれているものが全く違うということが言えます。
よってキャットフードのことをねこまんまと呼ぶ人がほとんどいないといえます。

キャットフードは日々とても進化しています。
安価なものでも十分な栄養素が含まれているものも多いため、人間の残りものをあげるということもなくなりました。
そして今飼われている猫のほとんどは室内で飼われていることが多いです。
なので野生の猫のように狩りなどを行うこともないです。
そしてキャットフードだけでも十分な栄養素を与えることができるため、わざわざ人間の残りものを餌として与えることもないでしょう。