キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

多頭飼いの方のキャットフードのベストな与え方とはどのような物ですか?

ペットが好きな家庭では、いろんなペットを同時に飼っているケースもあります。
また猫が大好きとい人は、一匹とは言わず何匹も一緒に飼っている人もいるでしょう。
猫を何匹も一緒に飼っている人ものことを多頭飼いといいます。

多頭飼いをしている場合と、そうではなく一匹だけ買っている場合とでは、気をつけなくてはいけないことがたくさんあります。
それは、一匹づつの体調の変化に気づけるかどうかということです。
食事の量や尿の回数など、どちらの猫のものかが見極めにくくなります。
そして下痢などの症状が起きた場合、的確な処置をしてあげなくてはいけません。

そして一番大変なことがキャットフードの与え方です。
同じキャットフードを与えたとしても食欲が強い猫がもう一匹の分まで食べてしまうこともあります。
なので、飼っている猫の数分だけお皿を用意して、それぞれが平等に食べれるように準備してあげましょう。

またそれでも、猫の体系の違いが出てどちらかが肥満体になった場合は、量を減らすということはやめましょう。
減った分余計に他の猫の餌をとりに行ってしまいます。
なので肥満体になってしまった猫のキャットフードだけライト用に変えるようにしましょう。

これらは、同じぐらいの年頃の猫を飼っている場合の基本的なキャットフードのあげ方です。
もっと気をつけなければいけない場合は、子猫と成猫を一緒に飼っている場合や、成猫とシニア猫を一緒に飼っている場合です。

それぞれ違ったキャットフードを与えるため、栄養素が異なります。
同時にあげてしまうと子猫用のものを成猫が食べてしまう場合考えられます。
そうすると成猫にはカロリーが高すぎるため、肥満体になってしまいます。
また逆に子猫が成猫用を食べてしまうと、餌が大きく噛み砕きにくく、のどに詰まらせてしまうこともあります。

もちろんそれぞれ食べる量も質も違うので、できれば違う部屋で食事を与えるようするのが一番いい方法です。
特に子猫用の餌はのこったらすぐに片づけて、成猫の口に入らないように気をつけましょう。

またシニア猫も成猫の餌を食べてしまうと高カロリーで、肥満体や病気などを併発してしまう場合があります。
なので、隔離してあげたりすることで同じように食べてしまうことを防ぎましょう。