キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードの肉は何の肉を使っているの?

今家庭で猫を飼っている人が増えてきています。
ペットを飼ったことがない人にとっては、実際買ってみるまでは知らないことがたくさんあります。
中でも猫は、実は肉食動物だったということを知っている人も少ないです。
お魚くわえているイメージのある猫ですが、本当はお肉が大好きな動物です。

なのでキャットフードの原材料が、肉を使用しているものが良いとされています。
しかし実際キャットフードを見てみると、原材料に肉を使用されているものが少ないことが分かります。
特に安価なものは、同じたんぱく質でも植物性のタンパク質で、大豆などを使用しているものもあります。
やはり猫にとっては本来の食事に近いもので、栄養バランスが整えられたものが理想だといえます。

しかし肉といってもいろんな種類があります。
キャットフードには、どのような肉が使用されているのか知っておきましょう。
原材料の後ろの部分をみると、一番最初に書かれているものが一番多く含まれています。

そこの書かれているものではっきりと何の肉かかかれているものを選ぶようにしましょう。
よく多く使用されているのが、鳥の胸肉、ターキー、牛肉、ラム肉などがあげられます。
そのほかにも馬肉やシカの肉などを使用したものもあります。

これらの肉の名前がしっかりかかれているものであれば、安心して餌として与えることができます。
特にペットフード安全法が施行された2009年以降は、表示義務も厳しくなった種より安心して購入することができるようになりました。

そのほかにも肉副産物ミート副産物といったものもあります。
これは動物の体の肉の部分をとった部分を使用しています。
主に肺や脳や骨といった内臓部分が多く用いられています。

これらのお肉に関して粗悪品では、交通事故で亡くなった動物の死骸、病気で亡くなった動物の死骸などを使用している場合もあります。
製造段階でどのようなものを確認できる業者であれば、信用して購入できるでしょう。

しかし中には、もっと粗悪品である4Dミートを使用している場合もあります。
4Dとは、死がい、病気、死にかけ、障害のある肉のことを指します。
これらの言葉を英語にすると頭文字がすべでDがつくため、4Dといわれています。

4Dはアメリカでの肉のランク付けでは、人間の口には絶対入れれないほどの最低品質の肉として位置づけられています。
このような危険な肉でも使用されているのには、安いキャットフードの需要が高まっているからといえます。
安いものを作るためには原材料を安価で入手しなくてはいけません。
4Dで使用される肉は、本来処分しなくてはいけないゴミの様なものです。
なので原材料がかなり安く抑えられ、安いキャットフードが完成するわけです。

猫にとって品質のいいものを与えたい人が増えてきているため、原材料で何の肉が使用されているのかはとても重要です。