キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

原料で安全性があるキャットフードとはどのような物ですか?

ペットを飼っている家庭では、必ず必要なものをしてペットフードがあります。
これは猫を飼っている家庭でも同じことが言えます。
今ではキャットフードも進化をし、いろんな種類が発売されています。
値段も安いものから高いものまでいろいろあるため、何がどう違うのかなどしっかり見極めながら購入しなくてはいけません。

そこで商品の価値がわかるのが原材料の表示です。
2009年にペットフード安全法が定められ、初めてキャットフードに原材料や賞味期限、製造会社の表示が義務ずけられました。
これによって猫の体内に入ると有害になる物質は、流通しないようになりました。
この背景には、有毒物質によって動物が相次いで亡くなったことと、安いキャットフードがとても流通したことがきっかけです。
本来猫が欲しがっている栄養素とはちがったキャットフードが発売されていたということになります。
なので今発売されているキャットフードは、以前に比べたら安心できるものが増えてきています。

その中でもさらに安全性があるキャットフードを選ぶ際にはどうしたらいいのでしょうか。
ここで一番注意しておくべき点は、添加物です。
添加物には色々な種類があります。
大きく分けて三つに分かれます。

一つ目が、防腐剤です。
長期間保存がきくようにするために、防腐剤が含まれているものがあります。
なので賞味期限が長く設定されているものには、保存料が多く含まれているのかどうか確認してみましょう。

特に輸入ものなどは、コストを下げるために船などを使用しています。
船で運ばれる場合、最低いでも数ヶ月もしくは長ければ半年近くかかります。
そのため商品がダメにならないためには、防腐剤が不可欠になります。

二つ目は香料です。
猫が食べやすくしたり、餌に食いつきやすくするために含まれています。
しかし本来、素材にこだわって作られたものであれば、香料がなくてもおいしいものかどうかわかるのではないでしょうか。
そこまでして使用するのは、原材料が粗悪なものの可能性も考えられます。
なので無駄な香料が含まれているものは避ける方がいいでしょう。

三つ目は、着色料です。
私たち飼い主にとって、見た目で餌への抵抗を感じる人もいます。
なので飼い主が抵抗なくあげられるよう、なじみのある色に発色させる場合があります。
猫にとっては、人間に比べてそこまではっきりとした色の違いまでは分かりません。
色の違いで猫の食欲が大きく変わるわけではありませんので、着色料がないもを選ぶ方がいいでしょう。

このような添加物をまず避けることから始めてあげると、安全性があるキャットフード選びができます。