キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードが酸化しているかどうかの見分け方

キャットフードが酸化しているかどうかの見分け方は、ウェットフードとドライフードでは異なります。

ウェットフードは、水分量が多いため酸化が早く、開封後の賞味期限が短くなっています。短時間で雑菌が繁殖し、腐っている場合があります。酸化したキャットフードは、開封した直後のフードのにおいは失われ、色も褪せ、くすんでしまいます。時間がたてば、腐臭がするようになります。

ドライフードは、水分量が少ないため酸化はしにくいものですが、時間の経過とともに酸化は進みます。とくに、梅雨などの湿気の多い時期や場所では水分を吸収しやすくなり、その進行は速くなります。
ドライフードの場合は、水分の少なさから一見しただけでは酸化の状態がわかりにくいものです。においを嗅いでみても開封時より落ちているという程度の判断しかできません。
しかし、猫の鼻は敏感ですからにおいを嗅ぐだけで食べようとはしません。もう食べられるような状態ではないということです。触ってみるとよくわかります。水分を吸収して柔らかくなり、指でつぶせるようになったり、表面がべたついたりと、ドライフードとは言えない状態です。時には表面にカビが生え、色が変わっていることもあります。

キャットフードは開封した瞬間から酸化が始まり、多少酸化を遅らせることはできますが、酸化を止めたり、酸化したものを元に戻すことはできません。
ウェットフードは食べる分だけトレイに出し、残りは密閉容器に入れて冷蔵庫で保管。食べ残しは直ぐに廃棄します。開封した日に食べきれなければすべて廃棄します。
ドライフードも1回で食べる量だけをトレイに出し、食べ残しはその日のうちに廃棄します。ドライフードは、1か月以内に食べきることができる量のものを購入し、できるだけ空気に触れないように保管しましょう。猫の健康のために作られたキャットフードですから、新鮮でおいしい内に食べさせてあげるようにしましょう。