キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

お留守番猫のキャットフードの与え方で一番良い方法とはどのような物ですか?

ペットを飼っている家庭は増えてきていますが、毎日飼い主が家にいるというわけではありません。
特に猫の場合は室内で飼われていることがおおいため、食事に関して歯すべて飼い主から与えられるキャットフードが大事になります。
なのでしっかりと栄養バランスを考えたうえで、キャットフードを与えてあげなくてはいけません。

また飼い主が外出している場合も多く、そういったときにキャットフードはどのようにして与えてあげのが一番いいのでしょうか。
まずお留守番猫の場合に与えるキャットフードは、必ずドライフードを選びましょう。
ウェットタイプや半熟タイプのものは、酸化しやすく気温によっては腐敗も早くなってしまいます。
なので長時間置いて出かける場合には、水分が多いキャットフードは避けた方がいいでしょう。

この場合ドライフードを用意しておくのですが、もし昼と夜と両方留守にする場合歯、必ず別々のお皿に入れるようにしましょう。
一つのお皿に二食分入れてしまうと猫はどれだけの量を食べたらいいのかわからなくなってしまいます。
普段よりも食べすぎてしまう場合もあります。

さらに食べ残してそれをまた夕方食べる際に、お昼食べた時のヨダレなどの唾液がたくさん含んでしまっている場合があります。
なので細菌が繁殖したり、食感が変わってしまっているため食べないといった場合が考えられます。
なのでお皿をしっかり分けてあげておくと安心です。

それでも衛生的に心配な人は、自動で餌を配給してくれる便利グッツがあります。
一回分の量を分けて入れておくと、一回分だけが食べれるように回転して出てきます。
なのでそれ以外の部分はしっかり密封もされているため、衛生的にも安心です。

餌の受け皿の部分は取り外しもできしっかり洗えるようになっています。
一回ごとに分けられていることで、一回当たりどのぐらい食べられているかなど留守の間の食事の様子が予想することができます。

中には飼い主の声で、ご飯ですよと話しかけれる機能がついているものもあり、飼い主がいないにもかかわらず猫は安心して食べることができます。
留守にする頻度が高い人は、このような便利グッツを使用するのも一つの方法だといえます。