キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

キャットフードは冷蔵庫で保管したほうがよいのか

ウェットキャットフードは、開封後1日は冷蔵庫で保管することもありますが、ドライフードを冷蔵庫で保管することはありません。
ドライフードは基本的に常温保存を考えて作られていますので、直射日光の当たらない、温度や湿度変化の少ない風通しのいい冷暗所で保管します。密閉容器に入れて、戸棚の中やフードストッカー、床下収納などが適しています。
食品は何でも冷蔵庫で保管するという方もありますが、ドライキャットフードは冷蔵庫保存には向いていません。
冷蔵庫に保存すると、出し入れの際に温度変化がありますので、結露が生じます。そのため水分を吸収し、カビが生えることがあります。
また、冷蔵庫内に結露が生じるということは、それだけ湿度が高いということですから、ドライフードの酸化を早めることにもなります。
冷蔵庫を使うのは、冷凍保存したドライフードを解凍するときくらいです。冷凍庫から直接常温に戻すと、結露してドライフードを損ないますので、使用する前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して、自然解凍させます。その後、冷蔵庫から取り出して、常温に戻します。

ウェットフードは、開封後1日は冷蔵庫保存はできますが、風味はかなり落ちますので、食いつきは良くありません。
電子レンジで温めたり、お湯を加えて温め香りを引き立てたつもりでも、開封直後と比べると格段に風味は落ちていますので、あまりおいしそうには食べてくれません。神経質な猫は、ちょっとにおいを嗅いだだけで口をつけようとはしません。
購入するとき大きいサイズの方がお得で経済的に思えますが、ウェットフードは水分が多いため劣化も早いです。そのため冷蔵庫に保存しなくてもいいように、猫の数に合わせたサイズを選ぶ方が経済的になります。
キャットフードはそれぞれに適した保存方法がありますが、それはフードを使い切るまでの一時的な方法です。猫の健康のために作られたフードは、新鮮なうちにおいしく食べてこそ健康にいいものです。早めに食べきるだけのサイズのものを選びましょう。