キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

室内猫のためのキャットフードとはどんな物?

今ペットを飼っている人がたくさん増えてきました。
しかし共働きや一人暮らしで飼っているなど、常に家にだれかがいるといった状態の方が少なくなってきました。
なので、ペットが1人でいる時間も多くなっています。
そうなると猫を室内で飼っているという人の方がとても多くなっています。

さらに猫の場合は、犬などと違い大型犬のような大型猫は少ないです。
なので、住居を選ばす飼うことができるため、より室内で飼う人が多いでしょう。

今猫の寿命を比較してみると、最も長生きをしているのが室内で飼われている猫です。
その次がペットとして飼われていて外に出る機会も多い猫です。
最後に、野良猫だといわれています。
野良猫の平均寿命が4年ぐらいといわれているのに対して、ペットとして飼われている猫の寿命が10年から16年と大きな違いがあります。
ここまでの違いが出るのには、キャットフードの栄養素の違いが大きくかかわってきているのが分かります。

それでは室内で飼われている猫と、外に出ることがある猫の寿命の違いはどこにあるのでしょうか。
おそらく、外部から感染症や外傷などを受けやすく、室内と室外の環境の違いにも合わせるのが難しいのかもしれません。

室内で育っている猫は、口にする食料はすべてが飼い主によって準備されるものしかありません。
なので猫の成長にとって必要な栄養素をしっかり含んでいるキャットフードでなければいけません。
そのため、室内猫用のキャットフードも発売されています。

また外に出ない分、家庭の環境によっては自由に動き回れる場所が少ない場合もあります。
猫が楽しく過ごせるようにと考えて、からくりなどをしているお家もあります。
しかしほとんどのおうちがそこまでの配慮されていないほうが多いです。
なので野良猫と比べたら、筋力的にもどうしても落ちてしまい、運動不足になってしまっている猫も多いです。

また外部との接触が少ない分、免疫力が付きにくい猫が多いです。
そのためキャットフードの中に免疫力が上がる栄養素が含まれているものもあります。

室内で飼われているからこそ、抱えている問題に対して対応しているのが室内猫用のキャットフードです。
生活環境が急に変わるということは、なかなか考えにくいといえます。
なので、、大事な猫のために必要な栄養素を与えてあげるようにしましょう。
そのためには、室内猫用のキャットフードを選んであげるといいでしょう。