キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

旅行中のキャットフードの与え方とはどのような物ですか?

家族の一員として大事に育てられている猫ですが、場合によっては別行動しなくてはいけない場合があります。
それは旅行などに行く場合です。
家族旅行であれば、一緒に連れて行ける場所うぃ探す人もいます。
しかし思った以上に泊まるところや移動できる場所が限られてしまう場合が多いです。
そのため、猫だけはお留守番という場合も多いです。

こんなときキャットフードは、どのようなものをどのように与えてあげるのがいいのでしょうか。
まずどれだけの日数で旅行器官を設けているかによっても異なります。
一泊二日ぐらいの旅行であれば、一日分のキャットフードを少し多めに入れてあげるだけで十分です。
水分に関してはいつもよりも水分が入ったボトルを多く設置しておくようにしましょう。
水分補給がしっかりできるようにしておくと安心です。

キャットフードの種類は、必ずドライフードにしましょう。
それ以外の餌は傷んでしまう可能性が高く、衛生的にいい環境とは言えません。
さらにドライフードは栄養総合食品なので、バランスよく栄養素を確保することができます。
普段からドライフードを食べている場合は問題ありませんが、そうでなかった場合は事前にドライフードを食べれるように練習させておきましょう。
それが無理だった場合は、ペットホテルに預けるか、ペットシッターを雇うようにしましょう。

もし数日の宿泊での旅行の場合は、なるべくドライフードも多めに置くということもお薦めではありません。
どうしても腐敗しやすく、シッカリと密封されているわけではないので、風味も落ちてしまいおいしく食べてくれない場合があります。
なのでできれば自動で餌を配給してくれる機会を設置するようにしましょう。
ものによっても異なりますが、4回分の食事を一回分づつ決められた時間に回転して餌をしっかり交換しながら食べさせることができます。
他の部分はしっかり密封されているため、長期間保管しても安心できるといえます。

それ以上に旅行などで外出する際には、1キロのキャットフードを入れることができ、時間になったら決められた量のキャットフードが出てくるような機会もあります。
そのようなものを使用するのが安心でしょう。

だたし長期間の留守は、猫にとって不安ですし、飼い主も安心して旅行を楽しめないという人もいます。
その場合はペットホテルや、ペットシッターなどだれかに見てもらうことで、安心して旅行も楽しむこともできます。