キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

旅行のときキャットフードはどのように対処したらいいですか?

今では3人に1人がペットを飼っている時代になりました。
多くの家庭で、猫か犬が飼われていることが多いです。
家族にとってペットは、家族同然で大事な家族の一員として扱われています。
なので1日でも長いく一緒にいたいと願いう人が多いです。

そこで問題になるのが、旅行などで家をあけるときです。
今ではペットも一緒に泊まれるところが増えてきていますが、どうしてもペットと一緒の場合行動に制限されてしまいます。
なのでペットを残念ながらおうちでお留守番させてお出かけする場合が多いです。

家を空ける際に一番心配なのが、猫のお食事です。
旅行の期間によって対応も変わります。

もし一泊二日であれば、1日のキャットフードよりも少し多めに準備しておくことで、十分対応できます。
後はいつもよりも水分を多く取れるようにしておいてあげましょう。
キャットフードは、必ずドライフードにしておきましょう。
1日の場合であれば、腐敗の影響を最も受けなくて済みます。

もし2泊以上する場合は、餌を自動で配給してくれる機会をつけるのがお薦めです。
1回分づつ配給してくれるので、食べる分だけをあげることができます。
そして食べる前までは、密封されてた状態なので、劣化することなく安心して餌を与えることができます。

三日以上あげる場合は、トイレなどの場所もなくなってしまうために、衛生上あまり良くない環境になってしまいます。
なので、ペットホテルなどで預けることがお薦めです。
ただしゲージで狭いところに長期間いることが多いためストレスを与えてしまうことがあります。
なので環境を変えず、自由にさせてあげたい人には、ペットシッターを雇うのがお薦めです。
しかし留守の間に他人に家に入られることが抵抗があるという人もいます。
飼い主、ペット双方にストレスが少なく済む方法を選択しましょう。

短期間の旅行であれば、ドライフードのキャットフードを日数分より少し多めに用意してあげることで対応できます。