キャットフード比較.com

キャットフードを比較しました!

ライフステージや体型に合わせたキャットフード

今キャットフードの進化が進み、いろんな商品が発売されるようになりました。
昔からよく聞く、ねこまんまというご飯から、キャットフードへと変わると、寿命も大きく変わりました。
野良猫の平均寿命が4年ぐらいに対して、ペットとして飼われている猫の平均寿命は10年から16年といわれています。
二倍以上の寿命の違いが生まれてくるわけです。
育つ環境によって、どれだけ寿命に大きな違いをもたらすのかがよくわかります。

そんな猫の寿命にも大きく関わるのが、キャットフードです。
キャットフードには、用途に応じで変えていくことで、猫の成長や体調にあった栄養素を与えることができます。

まず年齢ごとの違いでは、子猫用、成猫用、シニア用と分かれています。
子猫用は、0歳から12ヶ月までの猫のことをいいます。
子猫の時期は成長していくために、すくない量の中に多くの栄養素を含んだものでなければいいけません。
そのため、高タンパク質なものが多くあります。
そしてまだ、固いものが食べにくいため、柔らかめのものやウェットタイプのものを選ぶ人もいます。

成猫は、1歳から7歳までの猫のことをさします。
成猫用では、子猫用までの栄養素を与えてしまうと、肥満になってしまうため、栄養価を少し抑えたものでバランスよく配合されています。
大きさも徐々に大きくなり、シッカリと噛み砕けるようになっているので、固さも固めに作られています。

シニアとは7歳以上の猫のことを指します。
成猫の時期と比べて、新陳代謝や消化器官などの臓器も徐々に衰えてきています。
そのため、今までどおりではカロリーオーバーになり、肥満になりやすくなります。
なので、ヘルシーでかつしっかり量も確保できるものが増えています。
こちらhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.name/にシニア用のキャットフードがいくつか紹介されています。

年齢以外の用途別では、ダイエット用のキャットフードなども種類が豊富にあります。
年齢とともに動きが鈍くなっているにもかかわらず、栄養素はそのまま与え続けてしまうと肥満体の猫が増えてしまっています。
ダイエット用では、同じ量を食べても低カロリーで低たんぱくに抑えられています。
なので今までと同量をあげても安心です。

そのほかにも猫ならではの毛玉の悩みを解消する、キャットフードもあります。
毛玉を軽減する効果もありつつ、毛玉によって嘔吐してしまう症状も和らげることができます。
また、市販のものではなく手作りのキャットフードをあげている方もいます。
▼手作りキャットフードのレシピはこちら